日々のこと@えな

やったこと、思ったこと、多め。

2015年の振り返り

こんばんは〜。

あっという間に年末ですね(´ω`)

私にとって2015年は、これまで人生の中で一番怒涛の年でした。

紅白をBGMに、今年を振り返って、良かったこと・反省点・これから、にまとめました。

良かったこと

  • 高専最後に、形に残る結果を出せた

    なっちゃんゆずゆと挑戦したビジコンでは準優勝、学生研究発表会では優秀賞、学内では皆勤賞と学業優秀賞をいただきました。

    チームでコンテストに参加するのは初めてでした。なっちゃんゆずゆとの会議はいつも楽しく意見を出し合えました。私はPV制作をメインに担当しましたが、良いカットを取るために早朝からM教授にたくさん走っていただき、教授の全力サポートに感謝の限りです。おかげさまで審査員の方々から良い反応をいただきました。M教授の記事を読んで、「自分そんなに変わったけか?」と思って、考えてみて、「チーム全体で手が行き届いていないところを探すこと」、「チームメンバーの状況(コンテストに限らずその他のタスクも含めて)を見て・聞いて・考えて、自分ができることをする」が上手くできていたのかなぁと思います。忘れてしまうぐらいそれを自然とできたのは、チームメンバーのなっちゃんゆずゆを本当に信頼していたからだと思います。またコンテストを通して総務副大臣とお会いしたり、東京を満喫したりとても楽しい思い出がいっぱいできました。

    学生研究発表会では、卒業研究の内容を発表する機会をもらい、評価までいただき幸運でした。 学内実績は、卒業式で表彰いただき親に誇れる姿を見せることができたことが嬉しかったです。皆勤賞に関しては入学時から目標にしていたので、達成できて良かったです。

  • 大学入学後は積極的に動くことを心がけたので、以前よりフットワークが軽くなった

    数えてみたら、福岡県外に出る機会が10回もあったらしくびっくりしました。距離的にも人間関係的にも、自分が作り出していた壁が薄くなった気がします。たくさんの人と関わりお話することで、あらゆる考え方や仕事を知ることができました。今では色んなところにって刺激を受けることが楽しめるようになっています。

  • 一人暮らしをした

    一人で生活してみて、どれだけ親に甘えていたのかわかりました。これまで勉学でよい結果を出すことができたのも、家族の物理・精神的サポートがあったからです。勉学の他にも、ひとりで立って生きるための力を身につけなければならないと気づきました。

  • 色彩検定に合格した

    検定のための勉強ではなく、検定を通して知識を身につけることを目標に勉強しました。とは言いつつ一発合格したかったので、1ヶ月半の間、バイトの移動時間や講義の空き時間などを利用して、できる限り勉強しました。最終的には2冊のテキストを使って、試験範囲を7周しました。結果は正答率9割で合格し、目標を達成できました。

反省点

  • 先を考えずに、何でもかんでもやりすぎた

    「チャンスを逃さない」「やってみる」ことを目標に大学生活を送っていたのですが、「なんのためにやるのか」「作業量・時間はどれくらい要されるのか」を考えることが、明らかに欠如していました。 その結果、予定と作業に追われ、せっかくの経験の振り返りができていなかったり、精神的に不安定になることが多々ありました。

  • 自分のことに精一杯で、周りに迷惑をかけすぎた

    これは上記と重なる点があります。自分のキャパシティーを超えた量をこなそうとしていたので、余裕がなくなり周りの人にたくさん迷惑をかけました。最近、これまでの自分を振り返ってみて、あらゆる面で一人で頑張っている気になっていたことに気づきました。これまでの実績も経験も沢山の人の支えと関わりを通して、得られたことでした。これからは、この気づきを忘れないように、何度も思い出して胸に刻みます。

これから

  • 少し先・遠い未来のことを意識して、未来のためになる行動を選択する(≒将来から逆算して計画する)
  • 周りに目を向ける
  • 予定を詰め込まない
  • やるべきことを減らす(優先順位をつける)

現在は久しぶりに地元に帰り、美味しい郷土料理を食べたり生まれ育った場所を歩き、うちなーたいむを満喫しています。

白い砂浜を踏みしめて海に近づいたら、とっても透き通っていて、何度も見ているはずなのにこんなに綺麗だったか…と思いました。

来年の目標は、またじっくり考えて書きます〜。

f:id:ena037:20151231231946j:plain