日々のこと@えな

やったこと、思ったこと、多め。

jsonとはなんぞや

チーム開発でサーバサイドを担当し, Railsやデータベースをかじり始めてます.

自分が覚えておきたい部分を, ノート代わりに書こうと思います٩( 'ω' )و

必要があれば適宜追加するかもしれない.

jsonとは

データを表現するための記法.

表で表すのが困難な構造を持つデータを表現することに役立つ.

6種類の値

記述方法 備考
文字列値(string) "文字列" - "abc", "名前"
数値(number) 数値をそのまま書く - 1, 23.4, -5
真偽値(boolean) true/false - true, false
ヌル値(null) null 空っぽを示す. null
配列値(array) [値1, 値2, ...] 0〜任意個.要素の値は一致しなくて良い.最初の要素のインデックスは0. [], [1], ["abc", 1, true]
オブジェクト値(object) {文字列値1:値1, 文字列値2:値2, ...} 0〜任意個.要素はメンバ(コロンを 文字列値 で挟んだもの)を.文字列値に対応する値を取り出せる. 順序の概念はない. {}, {"name":"hanako"}, {"name":"hanako", "sex":"female"}

<<注意>>

  • 大文字と小文字は区別する

JSON-textとは

値を表現するテキスト.

値の間にスペース・改行を用いてよい.

例1・2は同値.

例1)

{"color": ["red", "blue", "yellow"], "human": {"name": "hanako"}, {"age": 20}}

例2)

{
    "color": 
        ["red", "blue", "yellow"], 
    "human": {
        {"name": "hanako"}, 
        {"age": 20}
    }
}

勉強の参考にさせていただきました