日々のこと@えな

やったこと、思ったこと、多め。

インターンに行きました①

気温も下がってだいぶ過ごしやすくなってきましたね〜.

早くも夏休みの折り返し地点を過ぎたようで, 「このままずっと夏休みでいい…」と毎年のように思っていることを今年も考えてます.

先日、IT企業の2社にインターンでお世話になりました.

今回は株式会社オプティムで体験・学んだことをまとめます.

インターンの概要

  • 実施期間 >> 5日間
  • 内容 >> BtoB製品の新機能(になるかもしれない)の開発

開発環境

Xcode / swift 1.2

開発を通して学んだこと

  • OSのスレッド処理順を考える

    データを取得する部分の実装をしていたときにデータが取れたり取れなかったりする現象が起こり, メンターさんに聞いたところ「オブジェク指向は逐次処理でない」という基礎的なところでつまづいていることに気づかされました. NSOperationQueueというクラスを使って、キューに処理したい順に蓄えるようにして解決しました. 実装する上でオブジェクト指向の正しい理解が必須だと今更に実感しました.

  • クラス間のデータのやりとり方法はデータの内容に合わせる

    これまでは「値を渡せればいいや〜」程度で, 深く考えず実装していました(汗). swiftにはデータ(メッセージ)をやりとりする方法にdelegate, KeyValueObserver, NSNotificationなどがあることを知り, 今回はブロードキャストするNSNotificationを使用しました.

  • リファレンスをちゃんと読んで理解する

    初めて使うクラスのメソッドの使い方がわからなくて調べてたら「このメソッドの引数の型, 初めて見た型名だけどどんな値を持てるの??」っていうように疑問が疑問を呼びました. わからないところはメンターさんとリファレンスを読みながら実装をしました. この過程を通して, 鎖のように繋がった疑問を正しく解くにはリファレンスを読むのが一番だと実感しました.

インターン全体を通して

  • 社員の皆さんとても気さくで優しかった
  • 分からないことだらけで, 懇切丁寧に教えてくださったメンターさんにとても感謝
  • インターン生や社員の皆さんに自分からもっと積極的に話しかければよかった
  • アプリを作るのはやっぱり楽しい!
  • 「エンジニアとして働く」イメージが前よりも具体的になった

成果発表では, デザインの部分でメンターさんに褒めていただき嬉しかったです!

インターン生はみんな別々の課題をしていたので, 成果発表でみんなの課題内容も話も聞けてよかったです。

本当に大変お世話になりました!!

ありがとうございました!!!