日々のこと@えな

やったこと、思ったこと、多め。

らくがきアプリ作ったよ

更新お久しぶりです. プログラミング好き度が上がって「おおお形になるもの作りたいよーー」欲が強くなり,ブラウザで動くおもちゃをつくりました.

どんなもの?

名前は「Monokaki(モノかき)」とつけました. 一言で言うと「ブラウザのウィンドウ1枚でモノクロらくがきが無限にできる」もの.

こんな人にオススメ

  • 消しカスが出ない・道具も少しで済むデジタルツールを使って,気軽に手軽にらくがきしたい.
  • とにかくひたすらかき出したいときに,ウィンドウを開いたり閉じたり,何度も名前をつけて保存したりする手間を省きたい.
  • 素晴らしいペイントソフトの高機能はガチでかき込むときに使えればいい.とにかく,かくという行為のハードルを下げたい.

(デジタルツールの恩恵を預かりつつ,かくこと以外の作業はなるべく避けたい面倒くさがりさんへ(私))

メイン画面

f:id:ena037:20161210165249p:plain ポジティブに考えるとシンプルデザイン

基本の使い方

  1. Monokakiのwebページにアクセスする(こちらからどうぞ→Monokaki
  2. ペンと消しゴムを使ってキャンバスにかく(キャンバスが表示されないときは右の「Clear All」ボタンを押してください)

機能

  1. キャンバスにかく・消す
    • かくツールはモノクロペンと消しゴムだけ

f:id:ena037:20161210162837p:plain

     モノクロペンと消しゴムのサイズ,モノクロペンの明度は変えられます.
     キャンパスを白紙にしたいときは,「Clear All」を押します.
  1. キャンバスサイズを変える
    • ブラウザの幅を変えると,キャンバスサイズが変わる.

f:id:ena037:20161210163120p:plain

     ブラウザの横幅を縮めるとこんな感じです.
  1. キャンバスにかいたものを取り置き

f:id:ena037:20161210163629p:plain

    「プラスボタン」を押すと,キャンパスにあるものは上部に送られ,キャンパスは白紙になります.
     上部に送られたものは,右側に「バツボタン」がつきます.

f:id:ena037:20161210163659p:plain

     取り置きしたものを削除したいときは,「バツボタン」を押します.
  1. 取り置きしたものをダウンロード

f:id:ena037:20161210164445p:plain

     「保存ボタン」を押すと,取り置きしたものを全てzipに詰め込んでダウンロードできます.
     キャンパス上に残っているものはダウンロードされません.

注意点

  • キャンバスサイズは,ブラウザを再読み込みするまで変わらない
  • ブラウザを再読み込みすると,キャンバス上にかいたものと取り置きしたものは全て消える(ブラウザ再読み込みする前に,zipファイルをダウンロードしてください)

今後の予定

完全に自己満足でつくりましたが,お絵かきさんや手かき好きさんの役に立てれば嬉しいです. 絵のラフとかアイデア出しとか気分転換とかに,よければ使ってみてください.

初めてjs使ってつくりました. とにかくつくりたくて,ちょくちょくで作り進めて楽しかったです. html/css/jsもええですね.ブラウザがあれば使えるっていうのが素敵.

プチお絵描き講座したよ

今日、学内の留学生交流ラウンジをお借りして、30分のお絵描き講座をしました!

記憶を辿ると幼稚園の頃から好んで絵を描いていますが、今回人生で初めて人に絵を教えました。

内容

今回の目的は「絵を普段描かない人にもお絵描きを楽しんでもらう」です。

留学生・一般学生など、7人の方が参加してくれました。

トトロを題材にして、みんなに絵を描いてもらい、私が思う「キャラを描くとき全般のコツ」を話しました。

資料は英語、おしゃべりは英語と日本語半々でした。

良かったこと

  • 教え方が伝わりやすかった(と言ってもらえた)
  • before, afterの絵を描いてもらうことで、違いがわかった
  • 自分のお絵描きを言語化できた(いつも感覚で描いているので)

反省

  • 直前まで来そうな人数が定まらなかった
    • 告知時に「これる?」という風に聞けば良かった

恥ずかしがって、あまり人を誘うことができなかったのが反省です。

(「告知しなよ!」とアドバイスもらって初対面の人にも声かけたときは辛かった笑)

人を誘ったり告知が苦手なので、日頃から声かけして慣れていこうと思います。

おわりに

「上達した!」「久しぶりに絵を描いた!」と言ってもらえてとても嬉しかったです!

今までと違う形で趣味が使えた貴重な経験でした。

研究室のゼミで心折れかかった後で、元気になれました笑

参加してくださった皆さん、ありがとうございました(´∀`)

f:id:ena037:20160506200118j:plain

Internship in Malaysia② - 1st day and 2nd day -

2週間(10日間)に渡ったインターンシップが終わりました。

感想を一言で言うと「楽しかった」です。

遊びも、学びも、大変だったことも、色々全部合わせて楽しかったなって思っています。

でもあと2日はマレーシアにいますので、残りも楽しんでいきます〜٩( 'ω' )و

1st day

初日は、ほぼ移動時間。

朝5時に家を出て、ホテルに着いたのが23時頃(現地時間22時)でした。

ルートは、

福岡空港ー(台湾で小休憩)→香港国際空港にて乗り継ぎ→クアラルンプール空港

です。

  • ハイライト

    • 初めての国際線搭乗!!
    • 福岡空港でチェックインを済ませた先にPepperくんがいた。初めて実物を見た。私が左右に動いたら首を動かして追ってくれて、凄いと思った。 f:id:ena037:20160326020136p:plain
    • 国際線のお土産売り場はTaxFreeだけど、そもそもに割り増しだった。
    • 身長の都合上荷物置きに手が届かなかったので、客室乗務員さんに毎回開けてもらった。
    • 機内食めっちゃ美味しい。タイ米最高。
    • 台湾の空港「MADE IN TAIWAN」の文字が基盤だった。 f:id:ena037:20160326020128p:plain
    • クアラルンプール行きの飛行機の中で、隣の席の人とおしゃべり。機内設備の使い方を教えてくれたり、すごく親切な方だった。
    • クアラルンプール空港に着く。「なんかこの気温と湿度懐かしい感じがするぞ」
    • SIMを購入。ボタンがあるタイプの懐かしい携帯電話を借りた。周りの人に操作方法を聞きながら設定。
    • ホテルに着く。フロントの人と話すが英語が通じない。日本人のスタッフの方に助けてもらう。
    • ベットにダイブ。
  • 気づいたこと・思ったこと

    • 頭の中であらかじめシミュレーションした英語なら伝わる。
    • 伝えたあとに、返された言葉が聞き取れない。

2nd day

学校の先生とお会いして、オリエンテーションをしました。

そのあとは自由時間でした。

  • ハイライト

    • ホテルの朝食はブッフェ式。カレーが美味しい(´∀`)
    • ホテルの人にタクシーを呼ぶように英語で頼んだ。ほんの一言だけど通じて嬉しかった。
    • 先生と他の学生と一緒に、ショッピングモールでオリエンテーション。店内を見ながら日本とマレーシアの違いを見つける課題が出された。オリエンテーションしたお店のフレッシュマンゴースムージーめちゃ美味しかった。
    • 課題を考えながら散歩。
    • マレー系、中華系、インド系の人がたくさん入り混ざっている。
    • ピカチュウみたいなのがいた。 f:id:ena037:20160326020144p:plain
    • 本当にトイレにトイレットペーパーないんだなあ。
    • テナントがブランド・メーカーごとにある。家電製品もスポーツメーカーもそうでびっくり。
    • お昼ご飯マレー料理Nasi Ayamに挑戦。アウト。
    • 再集合場所のマンゴージュースのお店がわからなくなったので、インフォメーションのお姉さんに聞いた。言われた方向に歩いたらMANGOという服屋さんにたどり着いた。
    • 止まってるエスカレーターを歩く。
    • 現地の電車に乗った。チケットがコイン型。
    • 乗車後しばらくして突然電気が落ちて停止。アナウンスなしでしばらく待っていたら動き出した。
    • 突然の土砂降り。雨だとタクシー乗れないor割高らしいので、カフェで時間を潰す。1時間もしないうちに止んだ。
    • ホテルに帰宅。
    • 夕飯は謎の麺料理を頼む。アウト。
  • 気づいたこと・思ったこと

    • 文化の違いによる特徴が服装で見分けられる(マレー系の女性は髪を隠す・中華系の人は割りかし肌の露出が多いなど)。様々な文化を持つ人が混在しているな、と現実を通してわかった。
    • 食べ物チャレンジは1日1回にしよう。

Internship in Malaysia① - Background, Purpose and Preparations -

Hello!

早いもので、もう3月ーーー。

前回書いた2月の目標は、「単位取得・チーム開発・就活に関する行動」の半分達成できました。

TOEICの勉強や睡眠時間は、できた日とできなかった日があったりで、達成できていません。

体重は変動なしです。。笑

優先順位をつけた結果なので、私のできる限りは尽くしたと思います。

3つは達成できたと、前向きに思おう(ポジティブに言い聞かせる)

さて本題

現在、インターンシップのために、マレーシアにいます.。゚+.(・∀・)゚+.゚

今回は、インターンシップ参加の背景と目的について書きます。

(すでに英語がボロボロを実感しているので、ブログでも英語を取り入れていこうと思います)

Background

入学当初は就職希望で、昨年の10月頃から12月にかけて就活をしていたのですが、進路や将来について深く考えて、学生のうちに勉強はもちろん、もっと色んな経験を積みたいと思い、大学院に進学することにしました。

そんな中、学生課の職員さんと進路についてお話した中で、海外インターンシップのお話を聞いたことがきっかけで、参加を希望しました。

私の通う九州工業大学は、マレーシアにMSSCという海外拠点があり、MSSCを活用して、学内で春季と夏季に海外インターンシップを募集しています。

応募した先は、日本の家電製品メーカーの生産工場です。

その企業様に応募した理由は、

  • これまでインターンシップに参加したことが無い、メーカー・組み込み系の仕事を体験してみたい
  • お世話になった先生方と関係深い

という点です。

受け入れを承諾いただいたときは、とっても嬉しかったです!!

Purpose

将来海外で働くことを考えて、目標は以下の4つを立てました。

  1. 製品の製造過程を通して、仕事の流れ、使われている技術を知る
  2. 海外と日本の仕事現場の違いを見つける
  3. 英語でコミュニケーションを取る
  4. 日本と異なる文化や考え方を知る

Preparations

事前準備では以下のことをしました。

  1. 「製品の製造過程を通して、仕事の流れ、使われている技術を知る」に関すること

  2. 「海外と日本の仕事現場の違いを見つける」に関すること

  3. 「英語でコミュニケーションを取る」に関すること

    • 学内の留学生が集まるラウンジ(GCL)に足を運ぶ
      • 留学生の友達ができた!!
      • 英語と日本語を交えて会話する
    • 移動時間に英会話教材のリスニング
  4. 「日本と異なる文化や考え方を知る」に関すること

    • イスラームの日常世界」(ムスリムの習慣や考えについて書かれた本)を読んで、学んだことをまとめる

その他に、海外に行くにあたりパスポートの取得・書類作成・荷作りなどをしました。

必要な道具や注意事項など、マレーシア渡航経験のある友達や先輩に教えてもらって、少しずつ準備しました。

学年末テストと英文書類作成やら手続きがかぶったときは、留学生や一緒にインターンに行く方々に助けてもらってなんとかできました。

慣れないこと・わからないことだらけの中、たくさんの方々にサポートしてもらってます。

本当に本当にありがとうございます。

Next, I'll write about discovery and thinking everyday!

1月の振り返り

今月は時間の流れがゆったり感じられました.

昨年の反省を踏まえ, いかに精神を安定させながらやりたいことを実現するかを意識していました.

1月の目標

  1. 就活と同じような行動をする
  2. 計画力をつける
  3. セルフコントロールする
  4. コミュニケーションを増やす
  5. 毎日英語に触れる

やったこと

  1. 就活と同じような行動をする

  2. 計画力をつける

    • 大きな目的や今年やりたいことを見えるところに貼り, やってることがずれないように常に意識した
    • 週の始めに全体のスケジュールを確認し, 優先順位をつけて今週のタスクを決めた
    • 週の途中でタスクの進捗や新しいスケジュールの確認をし, 残りの日数でこなすタスクを再度決めた
    • 作業をするときは「目的・終了時刻・進捗確認時刻」を設定した
  3. セルフコントロールする

    • 休む日を作った
    • 進捗が遅れ気味でも, 疲れたら休憩をとった
    • 意識して家族と連絡を取った
  4. コミュニケーションを増やす

    • 留学生が集うラウンジに足を運んだ
    • 友達がいるときは, なるべく作業は控えて話した
    • 飲み会に参加
  5. 毎日英語に触れる

    • 食事中や息抜きのときに, 洋画・海外ドラマを見た
    • 英語で日記をつけ始めた
    • 移動時間にリスニングした
  6. その他

    • 読書ノートをつけ始めた
    • 新聞やニュースを見て, 自分なりの意見をメモした
    • ときどきお絵描き
    • 超ぼちぼちギターを始めた
    • 初めて雪合戦した!!!!!!!
    • ぼちぼちアプリを作り始めた(使用される状況の体験, 使用予定・関係者にインタビュー, データベース設計)
    • 海外インターンに向けての準備

学んだこと・得たこと

  1. 就活と同じような行動をする

    • インターン
      • グループワークでの反省から, 時間を意識した計画の必要性を学んだ
      • アプリ開発に活かせる知識を得た
    • 会社説明会
      • 会社の成り立ちや方針から, 今まで調べたシステム会社の中に違いを見つけた
      • 質問すればするほど得られるものが増える. 次回に聞きたいことも増える
    • セミナー参加
      • 就職活動で必要とされることから, 今やった方がいいことを逆算できた
  2. 計画力をつける

    • 全体を見通して冷静に立てた計画だから, 自信を持って実行できた
    • 目的からぶれて作業することが減った. ぶれたときは書き出した文字を見てΣ(゚Д゚)として, 目的に沿った作業に戻ることができた
  3. セルフコントロールする

    • 休む日を作った・・・メリハリがついて, 他の日が頑張れるようになった
    • 進捗が遅れ気味でも, 疲れたら休憩をとった・・・作業が前より嫌にならなくなった. 全体的には進捗良くなった気がする
    • 意識して家族と連絡を取った・・・家族と話すと安心するし, 元気が出た
  4. コミュニケーションを増やす

    • 友達が増えた
    • 職員さんと新しく知り合った
    • 自分的に学校は受講するだけの場所だったのが, 楽しい場所に変わってきた
  5. 毎日英語に触れる

    • 英語が好きになってきた
  6. その他

    • 息抜きや好きなことを好きなようにしてると楽しい
    • 雪合戦して, 運動もみんなでやると楽しいなあと再認識した
    • やっぱり音楽を奏でるのは気持ちいいヽ(*´∀`)/

反省

  • 美味しいもの食べまくりで太った( ´,_ゝ`)
  • 睡眠時間が伸びた(8時間以上寝ちゃうこともしばしば…)
  • 英語が好きになった後, 次のステップ(TOEIC対策の勉強)に進まなかった

2月の目標

  • 単位を全て取り, 進学できる成績を出す
  • 大会に向けてチーム開発する
  • TOEICの目標点数を意識して勉強する
  • 引き続き, 就活を見据えた行動をする
  • 体重と体脂肪率を落とす
  • 睡眠時間は7時間ぐらいにする(暖かくなってくるはずだし起きれるはず…)

終わりに

高専時代にM教授におすすめいただいた紙の手帳が, 今やもうPC並みに手放せません.

計画や事前準備・振り返りが, いかに自分の力になるか実感しました.

また, 自分の時間を持ち, 心と向き合うことで, 以前より気持ちに余裕が出て, 人にも笑顔で接することができるようになりました.

「完璧なんてないから, 私らしくより良くなっていけばいいかな〜」と思えるようになりました.

これからも, 急ぎ過ぎず止まらずに, 先を見て歩んでいきます.

f:id:ena037:20160131173321j:plain

『沖縄歴史民俗資料館』に行ったよ

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

今年の目標を書こうと思っていたのですが、”目標”と宣言すると片意地張ってしまう癖があるので、自分のメンタルを大切にしながらほんわり密かにやってみようかな〜と考えが変わりました(笑)

それはさて置き、今回は沖縄の話です。

福岡に越してから、沖縄のことを色々聞かれたりして「地元のこと、全然知らなかったんだな・・・」と実感しております。

そんな中、帰省中に沖縄歴史民俗資料館のパンフレットを目にして、先日母と行ってきました。

f:id:ena037:20160102195246j:plain

館内は撮影禁止だったので写真はありませんが、琉球創作人形や民具、漆器・陶器など、伝統を感じられる展示物が多くありました。

人形の展示室では、聞得大君(きこえおおきみ:神様の声を聞く人)がお通りする際や神と同格になる際の儀式の様子や、現在でも行われている「浜下り」の昔の様子などが展示されていました。ひとつひとつ動きや表情が違っていて、今にも動き出しそうな感じがしました。

民具の展示室では、母から「昔こんな壺にスーチカー(豚肉の塩漬け)漬けたよ〜」「シンメーナービー(大きい鉄製の鍋)使って芋蒸したりしてたよ〜」「コレ使って豆腐や味噌も豆から手作りしたよ〜」という話を聞きました。案外近い過去なんだ・・・と思いました。コレ見覚えあるなあと思ったら、家に飾られている道具、というのもありました。

漆器には4種類の模様の付け方があることや、ぶくぶく茶は米の煮汁を使い硬水でないと泡立たないことなど、色々知ることができました。

身近な”生活”を心地よく豊かにする装飾や、生きる上で必要な作業や道具を無駄なく洗練させている資料に触れて、生活や目に見えるものを大切にする感覚が、私はすごく好きだなあと再認識しました。 また、母の話を聞いて、体験したことがないことも知識として残しておくことが、私が地元のためにできることのひとつかな、と思いました。

けど基礎知識が少なかったので、人名や展示名がわからないものの方が多かったです。 資料館に行ったりや観光する前には、少し勉強しようと思えたのが収穫かな・・・(笑)

県外に出て、”沖縄出身”であることを以前より強く自覚し、沖縄で産まれたからには何か沖縄のためにできることがしたい、と思うようになりました。 趣味・環境など、私に与えられたものを活かして何かできたらいいなあ・・・と今はふんわり考えています。

2015年の振り返り

こんばんは〜。

あっという間に年末ですね(´ω`)

私にとって2015年は、これまで人生の中で一番怒涛の年でした。

紅白をBGMに、今年を振り返って、良かったこと・反省点・これから、にまとめました。

良かったこと

  • 高専最後に、形に残る結果を出せた

    なっちゃんゆずゆと挑戦したビジコンでは準優勝、学生研究発表会では優秀賞、学内では皆勤賞と学業優秀賞をいただきました。

    チームでコンテストに参加するのは初めてでした。なっちゃんゆずゆとの会議はいつも楽しく意見を出し合えました。私はPV制作をメインに担当しましたが、良いカットを取るために早朝からM教授にたくさん走っていただき、教授の全力サポートに感謝の限りです。おかげさまで審査員の方々から良い反応をいただきました。M教授の記事を読んで、「自分そんなに変わったけか?」と思って、考えてみて、「チーム全体で手が行き届いていないところを探すこと」、「チームメンバーの状況(コンテストに限らずその他のタスクも含めて)を見て・聞いて・考えて、自分ができることをする」が上手くできていたのかなぁと思います。忘れてしまうぐらいそれを自然とできたのは、チームメンバーのなっちゃんゆずゆを本当に信頼していたからだと思います。またコンテストを通して総務副大臣とお会いしたり、東京を満喫したりとても楽しい思い出がいっぱいできました。

    学生研究発表会では、卒業研究の内容を発表する機会をもらい、評価までいただき幸運でした。 学内実績は、卒業式で表彰いただき親に誇れる姿を見せることができたことが嬉しかったです。皆勤賞に関しては入学時から目標にしていたので、達成できて良かったです。

  • 大学入学後は積極的に動くことを心がけたので、以前よりフットワークが軽くなった

    数えてみたら、福岡県外に出る機会が10回もあったらしくびっくりしました。距離的にも人間関係的にも、自分が作り出していた壁が薄くなった気がします。たくさんの人と関わりお話することで、あらゆる考え方や仕事を知ることができました。今では色んなところにって刺激を受けることが楽しめるようになっています。

  • 一人暮らしをした

    一人で生活してみて、どれだけ親に甘えていたのかわかりました。これまで勉学でよい結果を出すことができたのも、家族の物理・精神的サポートがあったからです。勉学の他にも、ひとりで立って生きるための力を身につけなければならないと気づきました。

  • 色彩検定に合格した

    検定のための勉強ではなく、検定を通して知識を身につけることを目標に勉強しました。とは言いつつ一発合格したかったので、1ヶ月半の間、バイトの移動時間や講義の空き時間などを利用して、できる限り勉強しました。最終的には2冊のテキストを使って、試験範囲を7周しました。結果は正答率9割で合格し、目標を達成できました。

反省点

  • 先を考えずに、何でもかんでもやりすぎた

    「チャンスを逃さない」「やってみる」ことを目標に大学生活を送っていたのですが、「なんのためにやるのか」「作業量・時間はどれくらい要されるのか」を考えることが、明らかに欠如していました。 その結果、予定と作業に追われ、せっかくの経験の振り返りができていなかったり、精神的に不安定になることが多々ありました。

  • 自分のことに精一杯で、周りに迷惑をかけすぎた

    これは上記と重なる点があります。自分のキャパシティーを超えた量をこなそうとしていたので、余裕がなくなり周りの人にたくさん迷惑をかけました。最近、これまでの自分を振り返ってみて、あらゆる面で一人で頑張っている気になっていたことに気づきました。これまでの実績も経験も沢山の人の支えと関わりを通して、得られたことでした。これからは、この気づきを忘れないように、何度も思い出して胸に刻みます。

これから

  • 少し先・遠い未来のことを意識して、未来のためになる行動を選択する(≒将来から逆算して計画する)
  • 周りに目を向ける
  • 予定を詰め込まない
  • やるべきことを減らす(優先順位をつける)

現在は久しぶりに地元に帰り、美味しい郷土料理を食べたり生まれ育った場所を歩き、うちなーたいむを満喫しています。

白い砂浜を踏みしめて海に近づいたら、とっても透き通っていて、何度も見ているはずなのにこんなに綺麗だったか…と思いました。

来年の目標は、またじっくり考えて書きます〜。

f:id:ena037:20151231231946j:plain